Words 1

エッセイ集「表現と息をしている」

Posted in 2017.8.26 | permalink

新聞広告 エッセイ集「表現と息をしている」

それにしても、田中正造、荒畑寒村、福沢諭吉の名前が出てきている上の記事のことが、とても気になっている。図書新聞、買いに行こう。

瀬々敬久監督映画「菊とギロチン」にて、大杉栄を演じている。昨年この撮影のために、あらためて大正時代や大杉栄についてリサーチをした。大杉栄と伊藤野枝、そしてそこに深く交差した人物達の人生を描き出している小説「美は乱調にあり」「階調は偽りなり」のなかで、作者の瀬戸内寂聴さんは、今は亡き 荒畑寒村へ直接取材をしていて、そのくだりが非常に興味深く、惹きつけられた。激しく情熱を持って生きた人の人生は、のちの時代を生きる僕達に、依然として激しく情熱的な視線を投げかけてきている。エッセイ集に詳しく書いた。映画「菊とギロチン」は、2018年公開。9月16日には、阿佐ヶ谷での現代映像研究会 足立正生/瀬々敬久の会で、映画のメイキング映像が公開されるようだ。

エッセイ集「表現と息をしている」