Words 1

湯を沸かすほどの熱い愛

Posted in 2017.4.15 | permalink

「湯を沸かすほどの熱い愛」。杉咲花さん、宮沢りえさん、この映画に携われた皆さんの心に、つよくつよくつよく胸を打たれました。中野量太監督。

僕のはなし。大好きな祖父母が亡くなった時、そのお別れの後、たくさん泣いたし、たくさん思い出したし、深いつかれを感じていた。だけどそれよりも何よりもその時、胸のなかに一生残るような温もりが生じていることに気づいた。「湯を沸かすほどの熱い愛」を観て、この映画から受け取ったものは、そのとびっきり温かい衝撃と愛情に限りなく近い。

中野量太監督はこの映画にまさにご自身の湯を沸かすほどの熱い愛を込められたのだと思う。 それを受けて、心の奥底から揺さぶられ、感動しています、映画を観てから時間が経った今もなお。