Words 1

3月11日

Posted in 2014.3.24 | permalink

3月11日。無力感に駆られ、希望をつかむまでの途方もない道筋に茫然とすることしかできなかった まさにその時、バンドの1stアルバムがリリースになった。たかが音楽だけれど、そのたかが音楽で時に人と繋がることができるのだと初めて知った。その事実が僕自身の何よりもの救いだった。

一瞬にして、数千、一万にも及ぶ人の命・魂が旅立っていくことの意味を、今でも分からずにいる。引き裂かれた家族と残された僕たちはいったいどうしたらいい?そんなこともちろん本当は分かってる。ただただ私たち皆のために鎮魂をやりたかった。大義のためでなく、まずは自分自身のために。

2014.3.11 小木戸 利光