Words 1

Archive for 1月, 2018

Campus Asia at WASEDA University

Posted in 2018.1.30

「Theatre for conflict resolution」, Campus Asia at WASEDA University

早稲田大学のキャンパス・アジアにて、東アジア各国の学生たちとともに一つのプロジェクトを遂行します。キャンパス・アジアとは、紛争解決と社会変革に情熱とスキルをもつ次世代のアジアのリーダーを、日中韓の早稲田大学と北京大学と高麗大学校が協力して育成しようというプログラムです。当プロジェクトの一環として、「Theatre for conflict resolution」という手法を取り入れながら、演劇や演技を通じて、他者の異なる視点・心情にアプローチするということに取り組みます。演技というよりは、さまざまな国籍やバックグラウンドを持つ学生たち同士による、自発的なコミュニケーションから生まれる対話を、演劇的なシーンにしてゆき、頭ではなく、身体そのもので「実感」として、国際・社会問題における、あるいは、パーソナルな事柄における、他者の立場や視座や気持ちに近づいてゆくことを目指します。長年、国連の職員として戦地での武装解除に尽力されてきて、現在早稲田大学で教鞭をとられている小山淑子さん、早稲田大学・政治経済学術院所属・梅森直之教授らとの協同です。先日、その導入としまして、90分の授業を行いました。学生たちとともに考え、語り合える時間は、喜びそのものでした。この後、早稲田大学の皆さま、東アジア各国からの学生たちとともに被災地・東北へ行き、フィールドワークを行います。心から尊敬する先生方との取り組みを、たいへん嬉しく光栄に思っています。深く感謝いたします。

当プロジェクトの第1回目として、今年の夏に、被爆地・長崎へのフィールドトリップを経て、「1945年8月」をテーマに、東アジア各国の学生たちがともに一つの架空の共通歴史教科書をつくるというプロジェクトが行われまして、僕はその成果発表を拝見したのですが、たいへん感銘を受けました。

授業、先生方、学生たちとのあらゆるコミュニケーションを、英語で進めてゆきます。東アジアの大学に在籍する学生たちの大半にとって、英語は母国語ではないでしょう。この英語という共通言語のもとに、皆のなかから、どのような国際的な対話や表現が生まれるのか、また、問題解決におけるどのような具体的プランが立てられるのか、とても興味深いです。各国の大学の皆さまと一緒に学んできます。

Campus Asia at WASEDA University

HOTTA CARPET コンセプトムービー

Posted in 2018.1.20

小木戸 寛:

HOTTA CARPET コンセプトムービー 、音楽を担当しました。

HOTTA CARPET