Words 1

Archive for 10月, 2017

10年

Posted in 2017.10.17

今日は、若松孝二監督の命日です。今まではこの日をとりわけ意識してはこなかったのですが、今年はそれを思い出すことのほうが自然な出来事や再会がありました。

振り返れば、今から10年以上前に、映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」に出演して、僕の人生は激しく大きく変化していきました。自らの意思で動いていったこと、自分の力ではどうしようもなかったこと、見えない大きな流れに翻弄されるかのようだったこと、そんな中で確かに掴んできたことなど、この10年間、本当にいろいろなことがありました。でも そのすべてが 今に至る 布石だったのだと 実感しています。

今、何か物事が、長い長い年月をかけて、丸一周したと感じています。そして、出てきたところは、同じ場所ではなく、らせん階段のように回りながら進んできて、また新たな場所です。新しい景色が広がっています。心には、はるかにかるくなっていること、すでにクリアしてきたことがあり、また、心のおもいものさえもその姿を変容させていて、今は見えているものが違います。

今秋は、緒方貴臣監督映画「飢えたライオン」とともに、あの時以来10年ぶりに、東京国際映画祭に参加します。これまでの10年と、これからの10年。ラジオ番組にて、インタビューにお答えしました。話は、若松孝二監督との出会いから始まっています。→TOKYO FM「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」

エッセイ集「表現と息をしている」は冒頭、この若松孝二監督との出来事から、書き綴っています。もう随分随分前のことですが、まよいなく本の冒頭に書くほど、やはり僕にとっては、大きな出会いと経験だったのだなぁと、そして、この道はあの時から始まったのだなぁと、今日という日に あらためて 思っております。

僕は、もうこれからの10年のなかにいます。

TOKYO FM「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」

Posted in 2017.10.13

小木戸利光

TOKYO FM「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」出演

TOKYO FM 10月15日放送の、田中美登里さんの音楽対談番組「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」に出演します。「表現と息をしている」を対談のテーマに、田中美登里さんと30分間お話しています。tokyo blue weepsの楽曲もオンエアに。ぜひ ご視聴ください。また、番組は、radikoのタイムフリーシステムによって、放送後1週間以内は、下記のリンクからいつでも聴くことができます。→radiko

以下、番組紹介ページより抜粋

10月15日/『表現と 息を している』ゲスト:小木戸利光
この人の姿を初めて目にしたのは映画監督、若松孝二さん渾身の作品「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」。あさま山荘に立て篭もる連合赤軍のメンバーの1人、加藤倫教役での映画デビューでした。それから10年、8月9日「長崎原爆の日」にテレビで放送されたドキュメンタリー・ドラマ「あんとき、」で被爆2世の主人公トシを演じた彼に再会しました。小木戸利光さん、36才。その間およそ10年は、音楽を中心に、執筆、ダンス・パフォーマンス、モデルなど様々な表現活動に携わってきましたが、再び与えられたのは、時代の証人というべき重い役でした。このほど出版した「表現と息をしている」(而立書房)には、探し続けてきた表現のあり方をめぐっての想いがまっすぐにつづられています。田中もまっすぐに小木戸さんと向き合ってみます。2018年公開予定、瀬々敬久監督の「菊とギロチン」では大杉栄役で出演。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」番組HP

TOKYO FM=10月15日(日)4:30~5:00 am
radiko.jp(1週間以内ならタイムフリー聴取可)→radiko
10月14日(土)28:00~28:30 K-MIX(FM静岡)
MUSICBIRD THE AUDIO=10月15日(日)0:00~1:00am