Words 1

Archive for 11月, 2015

埼玉大学教養学部

Posted in 2015.11.29

埼玉大学教養学部、二コマ目。「海外における人文学の展開」。留学を念頭に置く学生たちに、僕の英国演劇留学の体験についてお話する。学生一人一人に、なぜ 心が海の外へ向いているのか、なぜ 留学をしたいと思うのかを聞いていき、その動機をできるかぎり丁寧に見つめてゆく。野村奈央准教授は、人生のなかで何度もアメリカに留学していて、彼女の話を聞いていると、彼女の命にはどうしてもアメリカに「用事」があったのだと思える。学生たちのなかにももしかしたらすでに心の内側にそんな「命の用事」がある、もしくは芽生えている人がいるかもしれない。「私は英語も好きだけれど、なぜかスペイン語が一番すんなりと自分のなかに入ってくるんです。これは何かあるのではと思っていて、スペイン語圏への留学を希望しています。」と、とても興味深い直感について話してくれた学生がいた。彼女は、将来、本当にスペイン語とともに何かを遂げるのではないかと思わせてくれたほど、自分の内側にあるものに気づいていたように思う。何かをする時に、そこに動機があるというのは、とてもつよいことだと思う。頼もしいことだと思う。その自分の動機 ”なぜ” に向き合ってゆくことは、自分自身を知ることに繋がっていると思う。学生たちが自分の内面と向き合いながら、一生懸命に言葉を紡いでいた姿がとても印象に残っている。

「表現と心のこと」について、教育の場で、学生たちと取り組んでみたいと思うようになってきていた。今回の講義は、その第一歩であったように思えて、この機会が与えられたことを心から嬉しく、ありがたく、光栄に思いました。お声がけをいただきました野村奈央准教授に 心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました ◯

埼玉大学教養学部

Posted in 2015.11.29

埼玉大学教養学部の講義にゲストとしてお招きいただき、お話させていただきました。

一コマ目。「モノから社会や文化を読み解くマテリアル研究」。ファッションから歴史、文化、社会を考えるという今学期のテーマに沿って、制作に協力したドキュメンタリー映画「The True Cost 〜ファストファッション 真の代償〜」を切り口に、学生たちと「衣服」について話し合う。自分が買って着ている服は、どのような生産のプロセスを経てお店に並んでいたのだろう。作り手の顔が見える衣服って、どういうことだろう。衣服そのものをよく見て、触って、感じてみると、衣服のオーラのようなものから何か見えてくることはあるだろうか。あらためて、安いもの、高いものって、なんだろう。学生からは、「ぼくは服そのものを見るというよりも、服のディスプレイのされ方、お店のムード、かかっている音楽など、雰囲気で服を選んでいるような気がします。」、「私はたとえば今日は、下着のシャツは皆のよく知っている大きなお店で手頃な値段で買ったもので、このスカートは自分の好きなお店で買った値段のする手作り感のつよいものです。自分なりにバランスをとっています。」などのコメントが出てくる。それぞれが自分の衣服の選び方について、あらためて考える。

授業の終盤には、僕が被写体(モデル)として仕事をしたコレクションのなかから、新しい時代のその新しいあり方に一個人として共鳴しているCOSMIC WONDERの活動に言及。

Teatr ZAR

Posted in 2015.11.27

2 days with Jarosław Fret and Simona Sala from Teatr ZAR
彼らの深遠な世界を知り、体感するには、2日間はあまりにも短すぎた。また ポーランドの芸術性に触れさせてほしい。

Tokyo Metropolitan Theatre

Posted in 2015.11.27

angélica liddell and sindo puche from atra bilis teatro and us talked about the near future !