Words 1

Archive for 5月, 2008

We’re gonna have an acoustic gig.

Posted in 2008.5.30

明日、福島 いわき lighthouse で、アコースティックライブをやります。

東京を出て、初めてのライブです。

このような機会に恵まれて、とても嬉しいです。

ありがとう

あちらの夜空が、とても楽しみです。

おやすみなさい♪

小倉へ。

Posted in 2008.5.22

友人の結婚式の為、僕の地元、福岡県の小倉へ帰省。とても素敵な結婚式でした。幸せそうな二人を見てこっちまで幸せな気分になったよ。本当におめでとう。
久しぶりに小倉の街を歩いた。東京とは全く違う空気感で、何だかすごく懐かしかった。地元にいる頃からいつもバカしてた友人達との再会。たくさん話してたくさん笑ったよ。いつ会っても温かくて本当に心が落ち着く仲間。ありがとうね。
僕にとって小倉という街はやっぱり特別なのかな。この街で育って、この街でたくさんの人に出会って、今の僕がある。音楽を始めたのもこの街から。僕の原点、小倉。
温泉にも入ってきたし、少しだけど婆ちゃんにも会ってきた。元気そうでよかった。今度はゆっくり会いたいな。

九州の空気を吸って頭の中が一度リセットされた。 明日からまた東京で頑張ろう。

おやすみ

Posted in 2008.5.18

ある女の子が、使われて少しずつ減っていく消しゴムを見て、

「消しゴムさんがかわいそう。」と言ったそうです。

そのことに心が動かされました。

女の子が幸せになりますように

2008.5.3 (sat) 渋谷 La.mama

live080503-3.jpglive080503-2.jpglive080503-1.jpg

drums : Masaru Hirota
piano : Hiroko Yota
photography : Nobunori Torii

音感。

Posted in 2008.5.6

やりたいことはたくさんある。それ以上に、やるべきことがたくさんある。
常に理想を求めてもそれには程遠い。いつも自問自答。決して投げやりなんかじゃない。そこに近づきたい。それを身体で感じたい。
その答えはシンプル。やるしかないということ。

5月3日渋谷La.mamaに来てくれた皆様、心から感謝しています。ありがとうございます。たくさんのお客さんの前で演奏出来るのは本当に気持ちがいい。バンドのグルーヴをもっともっと感じたいね。音と音の共鳴。こればかりは何度も何度も重ねて作っていくしかない。
次回は福島 いわきLighthouseでのアコースティックライブ。初めての土地でのライブなので楽しみ。
では。

こちら側と、あちら側

Posted in 2008.5.6

遠く、境界線の遙か向こうにいるあなたと、手を繋ぐのは難しい

僕が行くか、あなたが来るか。それとも、いつかお互いがそこからめいいっぱい手を伸ばして、繋ぐか。 その時、それは届くか。まだ僕らの知らない方法があるか。

例えば、あなたの家族が、親友が、大切な人が、どうしてもあなたの受け入れきれない信仰を持った。本人は以前よりも幸せそうだ。

例えば、あなたの家族が、親友が、大切な人が、どんなことがあっても武力・暴力反対のあなたをよそに、世界平和のために戦地で戦うと言う。 

例えば、あの子があの子をいじめる。あの人があの人に、君は分かっていないと言う。今度は、複数になって、おれたちが正しいと言い出す。そこに力の差ができた。あなたはどこに立っている。

例えば、誰かが、あなたのことで泣いている。 あなたのことで泣いている。

あなたはなにを思う?

僕らになにができる?

あなたのすぐそばに、この国に、世界に、いくつもの境界線がある。

僕らは、その異なる両方の立場から、ものを考えることができるだろうか。

僕らに、希望は、願いは、勇気はあるか。